富士倉庫のコーヒー豆保管業務
富士倉庫のコーヒー豆保管業務
01.入庫作業
02.保管作業
03.出庫作業

02保管作業

02.保管作業

保管作業1:【はい付け】倉庫に麻袋を積み上げます

パレットに積まれた麻袋をフォークリフトで倉庫内に運び入れ、荷崩れが起こらないように段積みしていきます。
コーヒー豆の場合、風通しをよくするために壁から30センチ離してはい付けします。

はい付け

保管作業2:温度・湿度を管理します

コーヒー豆を定温保管する場合、15℃に設定された倉庫内で保管しております。
常温庫と定温庫に設置されている温度計・湿度計をチェックし、毎日記録しております。

温度・湿度管理
温度・湿度管理

保管作業3:サンプルを採取します

保管中にお客様からサンプルのオーダーが入ると、麻袋にサシ※を入れてサンプルを採取します。

※先が尖った筒状の道具。検査やサンプル採取のため、穀物袋に突き刺して中の穀物を取り出すために使用する。

サンプル採取
サンプル採取

保管作業4:害虫トラップをメンテナンスします

麻袋に書かれているマークを確認し、記録していきます。

害虫トラップ

保管作業5:くん蒸作業を行います

植物検疫の際に不合格となったコーヒー豆は、くん蒸倉庫でくん蒸を行います。
植物検疫が不合格になった場合だけでなく、虫の大量発生、その他お客様のご要望に応じてくん蒸を実施しております。

くん蒸倉庫
くん蒸倉庫
03.出庫作業

富士倉庫のコーヒー豆保管業務 トップへ